慶應の受験指導を別に考えるわけ

フリーダム進学教室では2019年入試に対応して、慶應普通部・中等部・湘南藤沢中等部専門のクラスを「慶應進学特別」として新たにスタートさせる予定です。

しかし、他の学校については「学校別バインダー」で対応します。それは学校別対策として十分だからです。もとより慶應3校についても、学力試験として考えればそれで十分と思います。

ところが、慶應はそれにとどまらないところがある。

3校とも体育実技と面接(普通部は全員、中等部、湘南藤沢中等部は一次試験合格者)を行いますし、合格基準は「学力試験、書類、面接、体育実技を総合して決める」となっている。書類の中には学校から提出する調査書が含まれるし、親がいろいろ書かなければいけないことも多いのです。

つまり、学力だけでは決まらない。となると、それなりに手を考えていかなければいけないのです。

ひとつの対策方法として考えたのが慶應進学オンライン。ここでも出願書類の書き方や面接の対応などについて詳しくお話しをしています。ただ、通塾してもらえるのであれば、さらにいろいろ手を打つことができる。

2019年は横浜初等部の卒業生が慶應湘南に進学するため一般枠が減少する予定です。それだけさらに厳しくなる以上、慶應湘南が求める人材像に対して具体的なアピールを考えていかないといけない。

なので、慶應受験指導を別にするのです。説明会でもその対策をお話ししますので、お時間が合えばぜひお越しください。


今日の田中貴.com
学校別特訓がない!?


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
書いて覚える


5年生の教室から
解き方を編み出す


お知らせ
慶應進学特別では以下の日程で慶應各校の入試対策説明会を行います。
学校別になっておりますので、期日をお間違えにならないようにご注意ください。
10月14日(土)
慶應湘南藤沢中等部入試対策説明会
10月29日(日)(→10月28日は定員に達しましたので、締め切らせていただきました。)
慶應普通部・中等部入試対策説明会


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験について パーマリンク