普通、得意ではない

慶應は割と生物の出題に特徴があります。

特に普通部ではスケッチが出たり、いろいろな動植物の細かい問題が出されるが、これは今の子どもたちにとってはなかなか難しい問題でしょう。

実際にあまり動植物を良く見る経験がないし、家で飼っているわけでもない。

縁遠いからこそ、得意ではないのです。

ところがたまに、動植物が大好きな子に出会うことがあります。そういう子はこれらの問題を見るだけでもニッコリしてしまうところがある。もちろん良くできるし、またよく知っている。

やはり好きだからできる、というところはあるのです。受験勉強でがんばるよりは、もう少し前にそういう経験をたくさんしておくと良いので、3・4年生では動植物を育てる経験をぜひさせてほしいと思います。

=============================================================
今日の田中貴.com

図形の移動に関する問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

計画は常に修正する
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク