面接で最も重要なこと

面接特訓とか、模擬面接という言い方をしますが、塾でも面接の練習をします。

ノックの仕方とか、教室の入り方、お辞儀の仕方などを練習することが多いのですが、面接で大事なことはこういうマナーでは本当はありません。

教員が注目していることは、「聞かれたことにちゃんと答えられるか?」という点です。その内容もさることながら、聞かれたことにちゃんと答えられる、という応答力は学校がこれから子どもたちを指導していくにあたって最も必要な能力のひとつです。

したがって何を練習すべきか、と聞かれれば「ちゃんと聞けること」「質問の意図に沿って答えること」の2点になります。

かつて模擬面接の面接官をやってみて、この点で外れている子が少なくありませんでした。

確かに上がることはあるのでしょうが、それでもやはりちゃんと聞かれたことを理解しているか?ということは教員の最も関心の高い部分です。

まずはしっかり聞いて、自分の答えをはっきりいえる、という練習をしてください。ドアの開け閉めはその後で、十分です。
==============================================================
今日の田中貴.com

やさしい問題に気を付ける
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

コツをつかむ子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク