問題文を慎重に読む

慶應の算数の問題は数が多いこともあり、割と短い問題文が多いのですが、それでもいろいろとミスをしでかす子どもたちが多いものです。

途中まで読んでいるうちに、勝手に自分勝手な問題ができあがっていることもあり、「間違っているものを」が目に入らなかったりする。

「変だなあ、合っているものが多いと思ったんだ。」

と、後から言っても遅い。実際にそういうことはこれからもたくさん起こるでしょう。

だから、今のうちから問題文を慎重に読む癖をつけておいた方がよいのです。何を聞かれているのか、条件はいくつあるのか。

問題の数が多い分、急ぎたい気持ちから読み飛ばすことになってしまいがちなので、慎重に、慎重に、と心がけてください。今のうちからそれができると、相当合格の可能性は高まります。

============================================================
今日の田中貴.com

計画を大書する
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自由研究のキット
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================




カテゴリー: 中学受験 パーマリンク