待ち時間用の本

普通部では4教科の試験が終わった後、昼食に入ります。

そしてその後に体育の実技試験と面接が行われるわけですが、その両方を足してもまず15分~20分ぐらいのもの。ところが解散時刻は3時を過ぎますから、2時間から2時間半は待っている、ということになるわけです。

で、試験実施要項にも待ち時間が長いので本を持ってくるように書かれています。

じゃ、マンガでもいいか?

まあ、そういうリスクは負わない方が良いでしょう。

じゃ、問題集?

勉強はしなくてもいいのでは? 明日、また試験だし。

ということで、やはり読みたい本を持っていくのがいいわけだけれど、そうなると、最初に多少なりともおもしろいということがわかっている方がよいわけで・・・。

ということで、1月31日の日に多少読んで、(おもしろすぎてその日に全部読んでしまわないように)次の日に持ち越せば、まあ、それはそれなりに時間がつぶせるでしょう。

もちろん本を読まないでじっと待っていてもいいわけですが、騒げたり遊んだりすることはまったくできないので、やはりしっかり読めるような本を考えた方が良いでしょう。

==============================================================
今日の田中貴.com

サンデーショックだから
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

案ずるより産むが易し
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク