最後まで挑戦する

最近の体育実技は、子どもができないかもしれない、と思われる競技はやらなくなっています。

しかし、たとえば縄跳びをやっていて、なぜかうまく飛べない、足がひっかかってしまう、ということがあるかもしれません。

で、できない場合、1回か2回やって、「あ、だめだあな」で立ち尽くさない。

少なくも「終わりです。」と言われるまでは続けてください。

むしろ最後まで、がんばれるかかどうか、が問われているのです。

別に体育学部のテストではないし、競技のためのセレクションでもありません。

しかし、まじめに一生懸命取り組むことを見せることは大事です。

==============================================================
今日の田中貴.com

穏やかな日々を
==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

4教科、万遍なく
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================

カテゴリー: 中学受験 パーマリンク