4教科の試験結果だけでは決まらない

中等部、湘南藤沢中等部は二次の試験があるので、4教科の試験だけでは決まらない、というのはわかるのですが、普通部は一次試験だけだと思われがちです。

しかし、午後には面接と体育実技がある。つまり、これは全員に二次試験を課している、ということなのです。

普通部の受験案内でも、合否は総合的な判断、と説明があります。出願書類にはじまって4教科の試験、面接、体育実技の中身を総合的に判断して合否を決める。

だから、4教科の試験ができてもそれだけで大丈夫ということにはならないところがあり、それは中等部や湘南と同じです。

したがって普通部も中等部や湘南と同じように準備を進めていかなければなりません。いよいよ今年の願書が来月配布されますから、しっかり準備を進めていきましょう。

慶應進学オンラインの出願手続きの解説も9月からスタートします。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
鉱物資源の歴史に関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
監視しがちだが


6年生の教室から
過去問の勉強は時間がかかる


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 普通部 パーマリンク