英語入試

英語の重要性があることから、帰国生でなくとも英語の勉強をしている子どもたちは少なくありません。小学校6年生で英検2級を持っている、と言う子もたびたび見かけます。

で、そういう子どもたちが英語を使って受けられる入試が段々増えてきました。

慶應湘南も今年から、帰国枠、一般枠とも算数、国語、英語の3科目で受験できます。しかも、入学後に既習の英語クラスがある数少ない学校のひとつでもあります。

英語枠で入試をする以上、英語ができる子どもたちを採るのだから、既習の英語クラスが絶対なければいけない。
またABCから習う、というのは当然子どもたちにとっては苦痛でしかないので、その意味では慶應湘南の英語の指導体制は明確でしょう。

せっかく英語ができるのなら、英語で入試を受ける、というのも大事な選択肢でしょう。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
2月2日以降校を第一志望にするなら


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
煽られる?


6年生の教室から
なぜこれをやるのか、説明していますか?


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 湘南藤沢中等部 パーマリンク