やさしい問題でも差はつく

偏差値の割に、慶應の問題はやさしい、と思われているでしょう。

しかし、一次試験は試験結果だけで決まっているのでそれなりに差はついているのです。

だから、やさしいからといって油断はできない。

ちょっとミスが続いてしまうと、それだけでダメになる公算は十分にある。

これからは、ていねいに問題を解く、ということに重点を置いて練習してください。子どもたちには急ぎの虫が隠れていて、最後まで問題文を読まずに解いたり、勝手に解釈して解いたりしてミスをしでかすことが多いので、それをまず夏の間に正しましょう。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
第388回 行きつ、戻りつ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
あと半年!


6年生の教室から
基礎から学校別対策へ


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中学受験 パーマリンク