問題はそれほど難しくないが・・・

2019慶應進学館 夏期講習のお知らせ

中等部の問題は、偏差値で同程度の学校の問題と比べるとかなりやさしいでしょう。

それほど難問が出ているわけではないし、多少くせはあるものの、全体的には平易な問題が多いと思われています。だから、ウチの子でもできるのではないだろうか、と考えられているし、それが受験者を集める大きな原因のひとつになっています。

一昨年男子が1000名を越え、今年も1000名近くまで受験生を集めたのは、そういうチャンスを見通してのことでしょう。

確かに、他の男子受験校に比べば、偏差値もやややさしくなるところはあるのですが、やはりそれなりに難しい。

さらに言えば二次試験があるので、一次試験で通った後がまた問題になる。一次試験の対策はそう難しくはないが、二次試験の対策はなかなかやりようがないところもあると考えられているので、何とかなりそうだ、という気になりやすいのです。

しかし、やはり合格させるのはそうたやすくはない。慶應は慶應なりの準備の進め方があるので、このくらいの問題なら、、、とは考えない方が良いでしょう。


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


今日の田中貴.com
天体と川の流れに関する問題


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
勉強がしっかりできるようになってからやればいい


6年生の教室から
プリンター


gakkoubetsu


慶應進学オンライン


カテゴリー: 中等部 パーマリンク