湘南に勝機あり

早期入会特典が始まりました。
今入会されると2021年2月15日までご利用いただけます。

慶應進学オンライン

昨年から、慶應湘南は横浜初等部の生徒が進学することになり、定員が50名減員しています。

したがって、男子の慶應熱望組であっても、湘南は受験しない傾向が強い。2日で合格確実校で合格をとって3日の中等部に臨むパターンが多いのです。

だからやはり湘南には勝機がある、と言って良いでしょう。湘南は熱望組しかこない。

そうなると難度はそれほど上がらない、ということになるのです。昨年のデータを見ても、それなりに受験者数が下がってしまったので、普通部や中等部と比して難しさが変わるということではないのです。

慶應3校を受験するのは大変ではありますが、一字突破がかなわなければ4日、5日に受験することは可能ですし、午後入試もありますから、湘南に挑戦しても良いでしょう。



2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み


今日の田中貴.com
第411回 頼もしくなった子どもたち


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
問題が難しいと感じたら


6年生の教室から
自分なりの進め方を貫け


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)




カテゴリー: 中学受験について, 湘南藤沢中等部 パーマリンク