出願書類の下書きは早めに

今年は慶應湘南の活動報告書のフォーマットが変わりました。

普通部や中等部の願書は大きな変更がありませんが、しかし、慶應は書くところが多い。

近年WEB出願をする学校が増えていますが、調査書も必要だし、かなり出願はエネルギーのいる作業になっています。

なので、早めに募集要項を読んで下書きを始めてください。

かなり募集要項は詳しく書いているが、それでも実際に書いてみると「これで良いのだろうか?」と思える部分は出てくるでしょう。

これは書いた方が良いのか、それとも?と思えるところもある。

まずはコピーをとって書いてみると、そういう疑問点が出てきますから、下書きは早めに始めてください。

出願理由などは、何を書けばよいのか、まとまらないことも多々あります。つい先延ばしにしてしまいがちですが、意を決して書き始めてください。

テレビ会議を使って過去問と学校別対策を個別に指導する
慶應スタディールームオンライン


慶應普通部、中等部、湘南の学校別対策や二次対策へ
慶應進学オンライン


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み


今日の田中貴.com
第403回 行けるところまで行く


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
え、そういうこと?


6年生の教室から
時事問題集


慶應進学オンライン

カテゴリー: 中学受験について パーマリンク