過去問の記録はほめるために使う

過去問を始めると、お父さん、お母さんが採点をするご家庭も少なくないでしょう。

そしてやはり点数は記録しておこう、ということになるわけです。で、最初はまあ、なかなか点数がとれないかもしれない。

でも、これから勉強すればいいことだから、というので、1回目は大目にみる。

しかし、同じ問題をやっても、またできない。

あるいは、もっと悪くなることだってあるでしょう。

「なぜ?」

いや、そういうことだってあるのです。ただ、それを言ったところで、本人のプレッシャーになるだけです。

こういうのはほめるときだけに使えばいい。つまり点数が良かったときにほめる。

悪いときは何も言わない。これが家庭の平和を守るコツです。

============================================================
今日の田中貴.com

場合の数の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

ミス率
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================




カテゴリー: 中学受験について パーマリンク