二人担任の意味

大方、どの学校でも担任は一人であることが多いでしょう。

しかし、慶應湘南の場合は二人担任です。男女共学であるから、男性、女性という組み合わせが多いが、しかし、すべてがそうなると決まっているわけでもない。

また外国人教員が担任になることもあります。

またこの二人担任でどちらかが主、どちらかが副ということもない。どちらも同じ役割を果たす担任になります。

なぜこういうことになったのかといえば、やはり生徒の多様性が一因でしょう。

ひとりの担任だと、その担任とうまくいかない、というだけで学校は楽しくなくなってしまうことがありえる。

2人いれば、どちらかと話ができればいい、ということでこの制度は始まったようです。

したがって生徒にとっては、割と担任との距離が近くなりやすい。いろいろな話ができるという点でこのシステムは効果を上げているのです。

==============================================================
今日の田中貴.com

点の移動の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

入試での採点ミス
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


普通部、算数の解答

普通部の算数の解答用紙はすべて記述式になっています。途中式を含めて解答欄に書くようになっているが、実際にやってみると、そう広くもない。

すべての式を書き込むなど不可能、と思える問題がたくさんあります。だから、上手に端折らないといけない。端折らないとけないが、しかし、そうなると式を書かない部分が出てくるので、ミスが起きる可能性があるわけです。

だから、その辺の練習を過去問を解きながらやっていかないといけない。

十分なスペースがあるわけではない。

しかし、ミスを防ぐために式を書いて、一部を解答欄に書き込んでいく。

という練習です。

小さく書いて、という方法もあるが、やはりそれにも限界がある。

だから途中式を省略する方が良いので、問題用紙のスペースを使いながら、ちゃんと説明できるような内容にしていきましょう。

==============================================================
今日の田中貴.com

音読の効果
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

地方校の東京入試
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


今年は別々

例年慶應湘南と慶應中等部の文化祭、ならびに説明会が同じ週の週末に行われていましたが、今年は日程が変更されました。

慶應中等部説明会
2015年11月7日(土) 11:00~ 13:30~
2015年11月8日(日) 11:00~ 13:30~
会場:三田キャンパス 西校舎ホール
慶應中等部説明会

慶應湘南説明会
2015年11月14日(土) 10:00~11:15 12:15~13:30
2015年11月15日(日) 10:00~11:15 12:15~13:30
会場:湘南藤沢キャンパス大学校舎シータθ館
慶應湘南説明会

ともに展覧会(中等部)、文化祭(湘南)が同時に開催されていますので、見学できます。
予約不要です。

==============================================================
今日の田中貴.com

作業する力
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

学校別模擬試験
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


みんな初心者

湘南の説明会で、生徒が話をしていたのですが、多くの部活で入部するときはみんな初心者なのだそうです。

たまに小学校のときに経験していた子もいるようですが、それはあまり多くはない。吹奏楽にしても、中学に入ってから練習を始める。しかし、その割にはみんな上手になるし、それなりに大会でも良い成績を収めています。

で、それはみんなが初心者ながらに真面目にやるから。

部活は生徒たちの日常の大切な日課です。練習が始まれば、みんな真面目に練習する。元から頭の良い子どもたちですが、そういう子どもたちが勤勉に練習すればかなり大きな進歩が生まれる。それで、結構卒業する頃には技量が上がっているのです。

だから、やりたいことは遠慮せず、最初から始めればいいと考えた方が良いでしょう。経験者に比べれば、それは時間がかかるかもしれないが、しかし真面目にやればやはりそれなりに上手くなるものです。

練習は不可能を可能にす。

という言葉がまさに体現されていると言ってもいいでしょう。
==============================================================
今日の田中貴.com

第209回 自信をつけよう
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

得点力とは
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


調査書

近年、多くの学校が出願書類から調査書をやめてしまっています。

調査書は小学校が出す書類ですから、当然、学校側に最初に話をしておかないといけない。出願までに先生に書いてもらわないといけないし、公的書類ですから、校長公印も必要になります。

小学校に中学受験をすることをなるべく話したくはない、という家庭もあるから、まあ、そういうことに配慮すると調査書は必要ない、とする方が多くなったわけですが、しかし、慶應は3校とも調査書が必要になります。

これがないと書類不備となるでしょうから、したがって用意するしかありません。

なので早めに小学校の先生と相談をしておいた方が良いでしょう。これはもう書いてもらうしかないので、準備をしっかりしておいてください。

==============================================================
今日の田中貴.com

入試科目の順番
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自分の部屋を掃除する子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================