理科室6つ

SFCのキャンパス自体はなかなか広大ですが、湘南中高の校舎は割とコンパクトにまとまっています。

教員室がある共用棟を取り囲むように教室棟、本館、体育館、南校舎が並んでいる。体育館も2つあり、プールも教室棟と南校舎の間に挟まってちゃんとあります。

グラウンドはこの校舎から道を隔てて反対側になりますが、それ以外のところへは陸つなぎにつながっているから、移動もそれほど大変ではない。

で、この共用棟の3、4、5階に理科室が2つずつ、合計6つあります。

物理、化学、生物、地学と高校は理科が4つあるので、中高一貫校なら4つは最低あるという学校が多いでしょうが、6つはなかなか。その意味では理科実験に力が入っているのは、湘南も同じでしょう。

で、実験があれば、当然レポートがあるから、実験をやってその成果をまとめ、考察する、という理科の一連の勉強の仕方はやはりしっかり身につくのです。

今の学校の施設は本当に立派で、うらやましいなあ、と思います。
==============================================================
今日の田中貴.com

第207回 併願校の過去問
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

語彙を増やす
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


普通部新校舎

労作展を見学するついでに完成した新校舎を見てきました。

やはり単に耐震がしっかりした、というだけではなく、いろいろな施設が加わっています。

理科室も増えましたり、電子黒板も設置されて、さらに黒板からホワイトボードへ変更されているようでした。(全部の教室を見たわけではありませんが。)

また以前建設された校舎と同じように、廊下が広くなっていて、まあこれは快適だなあと感じました。

こうなると中等部も早く新校舎を、という話になるのかもしれません。

==============================================================
今日の田中貴.com

右肩上がりは強い
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自分のミスを見つける子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


労作展

今日と明日、普通部で労作展が開かれます。

ぜひお出かけになってください。

各校でいろいろな文化祭や催し物があるものの、労作展はやはり独特のものであると思います。

文化祭と違って、生徒それぞれが出品する展覧会ですが、全員が参加しているところがまたひとつ大事なところだろうと思います。

文化祭になると、がんばる生徒とそうでない生徒に明確に分かれるところがあります。

労作展も「明らかに手を抜いた」という作品もないとは言えないが、しかし、それでも「全員が参加している」ことには間違いがない。

それなりにかなりの準備期間をかけているので、その成果をご覧になってください。

これがやりたい、と思って普通部を目指す子どもたちも少なくないですから。

==============================================================
今日の田中貴.com

力のつりあいの問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

心の準備
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


レポート

慶應の3中学ではやはりレポートの提出がかなり頻繁です。

理科、社会を中心に、「自分で調べる」「自分で考える」という結果を「自分でまとめる」「自分で表現する」という作業に落としこむ必要がある。

慶應湘南の場合は、国語に100字作文があるので、ある程度記述力を磨くことも受験プランに入りますが、普通部や中等部ではそれほど多いわけではない。特に中等部では、理科の問題は記号だけなので、文章を書く力をそれほど必要とされていない。

しかし、中学ではしっかり自分で書くことを求められる。だから、入試問題にないからといって、記述力は必要ないわけではありません。

とはいっても今はそれほど余裕がある時期ではないわけですが、たまに文章を書くタイミングは考えておいた方が良いでしょう。

一番手っ取り早い方法は「記述式」の国語の問題を解く練習をすることです。受験する学校と傾向が違う場合、それをスルーしてしまうことが多いでしょうが、たまにはやってみてもいいかもしれません。

==============================================================
今日の田中貴.com

うまくいかないときだってある
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

連休中ながら
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


カカア天下の空気を読む

湘南の場合、男子と女子の数はほぼ同数です。中等部が女子の数を少なくしているのに対して、湘南はそういう意味では女の子の味方でしょう。しかし、結果としてやはり女性上位になることは間違いない。

中学生のころはやはり女の子の方が精神年齢が高い。したがって、女の子の方が頭も回るし。口も立つ。しかも湘南の場合、どうしても偏差値的にも女子の方が高い。結果としてカカア天下になるわけです。

それでも高校生ぐらいになってくると、それなりに男子もがんばるようになるからまあ、そこそこバランスは取れてくるようにはなるが、中学生のときはまだまだでしょう。

したがって湘南藤沢中等部の男の子たちは、「空気を読める」ようになる。

ここは女の子から反発を喰らわないか。上手に女子の力を引き出すことができるか。

これはこれで、現代においてはひとつの大事な才能だとも言えるのですが。

==============================================================
今日の田中貴.com

時計の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

情緒不安定との戦い
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================