ブレザー

普通部は、2月1日午後に二次試験の内容を全員に課します。体育の実技と面接を全員にやるから、時間がかかる。

その分、待機時間も長くなるわけで、「本を持ってくるように」という指示が入っています。そしてもうひとつの指示が「ブレザーは不要。」体育の実技試験も着替えないので、当然、動きやすい服装でないといけないから、必然、ブレザーは要らない、ということになります。

一方、中等部、湘南は二次試験は別日程だし、体育実技試験は着替える分、ほぼ全員がブレザーを着ている状態と言えます。

で、まあ、だから一応手に入れておかないと行けないわけですが、ぎりぎりになると「春物」に変わってしまいます。

今から買うものでもないが、しかし、時期はしっかり決めておいた方が良いでしょう。
==============================================================
今日の田中貴.com

9月のペースダウンの原因
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

気にしない子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


普通部説明会

慶應普通部の説明会が以下の日程で行われます。

例年、労作展と同時期に行われていましたが、昨年から日程が変わりました。今年は9月12日、13日の土日になります。

期日:平成27年9月12日(土)・13日(日)

9月12日(土)
第1回目 14:00
第2回目 14:40
第3回目 15:20
第4回目 16:00

9月13日(日)
第1回目 10:00
第2回目 10:40
第3回目 11:20
第4回目 13:00
第5回目 13:40
第6回目 14:20

各回ともすべて同じ内容です。

会場:慶應義塾大学日吉キャンパス 第4校舎独立館
会場は普通部ではありません。大学の日吉キャンパスになります。

予約申し込みは不要です。

なお当日から、普通部の募集要項の配布が始まります。これ以降、三田、日吉大学キャンパス守衛室でも購入することができます。

==============================================================
今日の田中貴.com

浮力に関する問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

テスト多いな
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


字を書いて覚える

暗記カードで、いろいろな知識を覚えている子も少なくないでしょう。

表に問題、裏に答えが書いてあるわけですが、それを一枚、一枚めくりながら勉強すること自体は、案外効率の良い勉強の仕方ではあるのです。

ただし、それはただ見て答えを頭の中でうかべ、合ってる、という流れだけにしてはいけない。

できれば書いて答えるべきです。

織田信長という文字が頭の中に浮かんだとしても、正確に書けなければテストでは○がつかない。

実際に模擬試験の答案などを見ていると、正確に字を覚えていない子が多いものです。

人名にしろ、地名にしろ、正確に書けないと行けないので、知識は書いて覚えるようにしましょう。
==============================================================
今日の田中貴.com

合格点
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

夢中になる時間
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


もう一歩絞る

普通部であろうと、中等部であろうと、湘南であろうと慶應であれば同じじゃあ、ないか、という感覚は慶應受験生にはあるかもしれません。

確かに3校連続して受けるということが可能なので、どこかに受かればいいじゃない、という考えもあるにはあるのですが、しかし以前とちがってそうなると、他の学校の受験の機会がまずなくなってしまう。

これはなかなか厳しいことです。したがって多くの受験生の場合、3校のうち1校は受験せず違う学校を選ぶことが多いでしょう。

したがって、3校ならどこでも、という感覚よりは、ぜひこの学校に、という考えを持っていた方が良いのです。

実際に同じ慶應といいながら、3校は学校別の出題傾向が違います。したがってそのどこと相性がいいのか、あるいは解きやすいのか、ということも大事な選択理由になるわけです。

慶應ならどこでも、という感覚からもう一歩絞って、「~に行きたい」という気持ちを強く持って対策を進めましょう。

==============================================================
今日の田中貴.com

数の性質の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

子どもに個性があるから
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


模擬試験の合格可能性

模擬試験は学校別模擬試験と総合合格判定模擬試験の2種類があります。

学校別模擬試験というのは、ある学校の出題傾向をそのまま真似てつくる模擬試験であり、用紙まで似たようなものに作り上げます。したがって、解答用紙の扱いなどは良い練習になるわけですが、やはり本番のような受験生の集まり方はしません。したがって、合格可能性は比較的甘めに出る可能性がある。

その学校を受けない子どもたちは当然、その学校別模擬試験は受けないわけですから、集団がどうしても下にぶれる傾向になります。

一方、総合合格判定模擬試験は、1種類の試験ですべての学校を判定する、というなかなか無理矢理な模擬試験ではあるものの、最初から統計的に処理するという前提で作られているから、こちらの分布の方が合格可能性の信憑性は高くなります。集団もそれぞれの模擬試験がほぼ例年通りの規模を維持していれば、そうずれない。ただし、学校別の特徴が強くなれば強くなるほど、ちょっと無理な判定になっていく部分はあります。

で、それぞれの合格可能性を考えた場合、やはりどれも絶対的なものではないので、ある程度参考的な数字である、ということは前提としておいてください。

これはあくまでその試験の結果による判定であるわけで、試験問題によっても上下するわけですから、「受けてもよさそうかな」ぐらいの判断に使われると良いでしょう。

あまり数ポイントの差を絶対視しないでください。65の偏差値の学校に例えば55の子が合格することは当然あり得るわけですから。
==============================================================
今日の田中貴.com

塾では習わないことを出題する
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

併願校の出題傾向
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================