スケッチのうまい、へた

普通部の場合、良くスケッチの問題が出ます。

で、やはりうまいへた、があるんだろうな、と思われるかもしれませんが、そんなことはない。

やはり特徴がはっきりわかるか、ということであって、それが明確であれば、多少形がゆがんでいたところで問題がない。

例えば、今年の問題はスズメバチの腹、でした。

これは見たことがない、とまあ、どうしようもないでしょうが、横しまを描けば良かったので、これなんかはスケッチの差はつかないでしょう。

あまり、絵のうまい、へたは関係ありませんが、やはり描き慣れていることは大事でしょう。

たまにテキストの図を写したりして、練習しましょう。

============================================================
今日の田中貴.com

夏に向けて
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

建築ブーム?
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


長文の読解の練習

組み分けテストの対策や、模擬試験の対策ということになると、覚えたことを確認したり、算数や理科の計算問題を復習したり、ということが多く、なかなか国語の読解の練習の時間はとれないものです。

実際にちょっと読解の練習をしたところで、あまり点数に差が出るわけではありません。(まあ、練習した文章が出題されれば違うでしょうが。)

したがって、ついつい国語の読解練習をしなくなる。

そして、過去問をやってみて、「ガーン」となってしまうのです。

本当にウチの子は日本人だろうか?いやいや、ただ、ちょっと遠のいただけのこと。でも、やはり一定のペースで読解の練習はしておかなければならないのです。

ちょっとやらないからといって大きな違いがないように見えて、実は読解はすべての教科の基礎になっているわけです。当たり前ですが、問題文の意味がわからなければ問題の解きようがないわけで。

なので、無駄だとは思わず、長文の読解の練習は計画してください。

============================================================
今日の田中貴.com

バランス
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

旅行シーズン
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


付属のシステムは変わらないから

これから先、大学入試のシステム変更が行われるので、いろいろと対策を考えないといけないわけですが、付属のシステムは変わらないから、まあ、これは楽だなと思います。

もちろん行きたい学部が、その大学になければ、大学受験をするしかない。慶應に歯科はないし、早稲田には医学部がない。すべての学部がそろっているからといって、その学部のレベルが高いとも限らないから、やはりそれぞれの志望に合わせて考えなければいけないのだけれど、いったん附属に入ってしまうのも一つの手かもしれません。

その後、自分の志望が固まるにつれて、やはり大学受験をしようと思えば、すればいいし…。

ただ、確かにみんなが受験をしないのに、自分だけ受験勉強するのは、やはり大変だ、というのはあるでしょうが。

ひとつの選択肢としては考えてもいいかもしれません。

============================================================
今日の田中貴.com

第189回 中学受験のメリット・デメリット
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

入試体制の変革期
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


勉強以外の時間

慶應に進んで2ヶ月。中間テストもあったわけですが、実際にこの2ヶ月間は勉強以外の時間がいろいろたくさんあったでしょう。

中学生になってもっと勉強するんだろうと思っていた子どもたちにとっては意外かもしれませんが、やはりこの勉強以外の時間が貴重なのです。

クラブ活動もあるかもしれないし、友達や先輩と遊びに行く時間があるかもしれない。

あるいはこれまでできなかった自分の趣味に没頭する時間があるかもしれない。

そういう時間を過ごせるからこそ、また子どもたちの可能性も広がるのです。これまで一生懸命勉強してきたのだから、これからそういう時間を存分に使ってもらいたいと思います。

お母さんも、そういう子どもたちの時間に慣れていくといいでしょう。そう目くじら立てずに・・・。

============================================================
今日の田中貴.com

個別相談会
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

途中から始める子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


中間対策は難しい

ちょうど中間テストの時期です。

ずいぶん早く、学校から帰れるが、数日テストは続くわけで、その間に試験対策をしないといけない。

しかし、よく考えてみると、普通部の中間試験対策をやってくれる塾はまずなさそうなので、中学1年生はある意味自分で考えて、自分で対策を組まなければなりません。

受験勉強というのは、ある意味パターン化されているというか、定型化されているところがあって、有無を言わさずやらせる、みたいなところがあるわけですが、自分で工夫しなくてもすむ、という面もあるでしょう。

でも、これからはそう簡単にはいかない。

個人でわかる、わからない、は違うし、何をしなければいけないかも違うわけだから、自分なりに方法を考えて、工夫して、その結果をまた検証して、進んでいく。

これが一番大事だと思います。

あまりに定型化されたものをやらされすぎていると、こういうときになかなか対応できなくなる。

その意味ではやはり、自分なりの勉強法を工夫していくということは受験勉強でも大事でしょう。

============================================================
今日の田中貴.com

溶解度に関する問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

きりがないから
==============================================================
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================