兄弟姉妹が同じ学校である必要はない

慶應の諸学校では、やはり兄弟姉妹の生徒が少なくありません。

保護者と話をしていても、「兄が高2なので、この子も」みたいな希望をお話いただくことが多いのですが、しかし、それはある意味下の子にとっては大変なことなのです。

上の子の場合は、それほど大きなプレッシャーがあるわけではないから、まあ、比較的ゆったりと狙えるところがあるわけですが、上が合格した後、下の子には少なからずプレッシャーがかかる。

それがプラスに働く子もいます。つまり、モチベーションが強くなる、ということなのですが、逆にそれで途中の結果が出ていないと、かなり自分を追い込んでしまうことになるのです。

教えた兄弟の中で、上が慶應に入ったのであえて下の子を慶應にしない、というご家庭がありました。

本人が特に行きたい、と言わなかったこともあるので、受験校にしてしまった、ということでした。これはひとつの方法であろうと思っています。

本人に合う学校はそれぞれ違っていても不思議ではないし、かえって兄弟がいない方がのびのびできるところもあるでしょう。

兄姉が慶應だから、ということでこだわる必要はないので、その子に合った学校を考えてあげてください。

=============================================================
今日の田中貴.com

場合の数が苦手なのは仕方がない
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

ダイエットと受験勉強
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


慶應特訓

夏休み以降、いろいろな塾で学校別対策の授業が行われます。最近は、いろいろな学校別特訓が行われているので、やはり早めに吟味していかないといけません。

良く「慶應特訓」のような名称がつかわれていますが、しかし、慶應といっても3校あります。そして普通部、中等部、湘南でやはり出題傾向は違ってきます。そのどこに照準を合わせるのか、どんなことを対策するのか、具体的な指導内容を調べておきましょう。

以前、湘南を受験しようと思って、ある塾の慶應特訓を受講した子がいました。しかし、いつまでたっても湘南の記述対策が出てこない。そこで「湘南の問題はいつやるのでしょうか?」と問い合わせてみたところが、どうもその授業は大学付属校の対策授業で湘南のような記述対策は一切行わないことがわかり、仕方がないので他の塾の授業を探したそうです。

すべての学校に合わせて学校別対策授業が作れるわけではないので、どうしてもまとめて、みたいなクラスは多いのですが、慶應3校とも対策には違いがあるので、単に慶應特訓を選ぶのではなく、どういう勉強をするのかを事前に調べておきましょう。自塾にそういうクラスがなければ、早めに他塾の情報を集めておくことも大事だと思います。

=============================================================
今日の田中貴.com

第137回 模擬試験の受け方
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

方眼ノート
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


大学付属校に行くと勉強しなくなる?

大学受験があるのに比べれば、付属校は勉強しない、というのは、もちろんその通りでしょう。

だからクラブも高3までやれるし、いろいろな校外活動もできる。他の外国語の勉強もやろうと思えばできるだろうし、プログラミングの勉強だって当然できるでしょう。

しかし、やはり大学に進んで勉強を続けるわけだから、何もわからない、というわけにはいかないわけで、それはそれなりに勉強しないと進級できません。

慶應の場合は中学から落第がある。

しかも、2年間しか同じ学年に入れない。

2回連続して進級できないと学校にいられなくなるのです。だから、それなりにプレッシャーはかかっている。だから、そう大きく崩れるということはあまりない。

大学の受験勉強以外にもう少しゆとりをもっていろいろなことをやれる環境が良ければ、大学付属校も悪くはないのです。

=============================================================
今日の田中貴.com

午後入試日程変更
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

そそっかしい子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


運動神経は合否に関係するか

慶應は3校とも、体育実技があります。

普通部の場合は、着替える必要はないが、中等部、湘南の場合はわざわざ体操服に着かえて体育実技をやるから、結構本格的です。

実際に数種目の実技をやるわけですが、じゃあ、いったいそれができると点数がいいのか、ということに関して言えば、これはあまりよくわからない。

点数をつけて一次試験に加点した上で並び替えた順に合否を決める、ということなのですが、では、それが4教科の試験をかなりひっくりかえすような事になりうるか、といえばそれはやはり考えにくい。

ただ、わざわざこれだけの試験をやる以上は、ちょっと印象をみるだけ、ということでは済まないわけです。

で、運動はあまり得意でない、と思う子はいますが、「体育の実技があるから」というので臆することはない。

別に、体育学部の試験を受けているわけではないのです。もちろん視点はあるし、それなりに点数はつけているでしょう。でも、その点数は一切公表されていないわけだから、心配しても仕方がない。

学校生活や、体育の授業に支障が出ていないのであれば、運動神経に自信がないから、というので消極的になる必要はありません。

=============================================================
今日の田中貴.com

水滴に関する問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

疲れやすい時期
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


保護者面接の違い

普通部はテストが1回だけなので、面接も1日の午後に行いますが、中等部、湘南はまず一次試験をやり、その合格者に対して面接と体育実技の試験があります。

で、両校とも保護者に対する面接があります。が、ここでちょっと違いがある。

湘南の場合は、保護者がどちらかでかまわない、と書いてあります。が、中等部の場合は、できる限り両親そろって、と要望されます。

もちろん湘南でも両親がそろって出て問題はありません、というかその方が良いでしょう。ただ、片方だけだからと言って何も問題がない。

じゃあ、中等部の方は問題があるのか?ということになると、そこは微妙な話になってくるでしょう。

なるべくそろって、と言われている以上、そろって出た方が良いに決まっているわけです。それでも事情があれば、仕方がない。

ただ、これは書面通り受け取った方が良いのです。中等部の面接は、来年2月5日、1日と決まりました。したがってスケジュールはもうおさえていただいた方が良いでしょう。

=============================================================
今日の田中貴.com

郊外の学校のメリット
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

入試問題を意識する
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================