習い事は少しずつ続ける

別に活動報告書のためだけではないが、やはり4年生以降もなるべく習い事や塾以外の学習機会を持ち続けるべきではないだろうか、と思います。

さすがに6年生の最後の半年はまあ、受験に絞ってもいいかもしれないが、それまではやはり何とかバランスをとって、スポーツや音楽や絵画など、子どもが好きなことをやり続けることは大事だと思うのです。

子どもにはやはり複数の引き出しがあることが望ましいのです。例えば勉強があって、スポーツがあって、音楽があって、いいのです。スポーツは別にプロの選手になるだけが道ではないわけで、一生サッカーや野球を楽しんでいる人たちは多いし、またそれが観戦にもつながっていくでしょう。で、そういう興味があるものが複数あれば、それだけ自分の可能性を試せるところが増えるわけだから、1本しか掘るところがない、よりはよほど人間性に幅が出てくる。

受験勉強のために、すべてをやめてそれに没頭する、というのはやはり小学生には危険ではないでしょうか。ただでさえ、子どもが偏差値という軸に集約されやすい受験環境がすべてになってしまえば、子どもの人に対する価値観がそれだけに固まってしまう。本当はいろいろなものが上手である人間に対するリスペクトがあるべきなのに、それを失ってしまう可能性があるし、また、それは自分の可能性をも縮小してしまうことになりかねません。

だから、まあ、習い事は細くでもいいから、なるべく長く続けることを考えてはどうでしょうか。

例えば音楽にしても、やはり中学校になってその楽器を楽しめるということは、本当に素晴らしいことだと思うのですが。

=============================================================
今日の田中貴.com

そういえば
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

当てる子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


留年

中学から慶應は留年があります。

まあ、普通にやってれば、と思うのだけれど、やはり普通にやらない子はいるもので、進級の推薦に漏れるとまた1学年やり直すことになります。

これは大学でも同じですが、大学の場合は、ぎりぎり3月にわかることが多い。本人は足りているつもりでいたのが、ふたを開けてみると単位が足りない、ということになる場合があるのです。

これが卒業となるとさらに大変で、すでに内定をもらっているものが辞退になるから、就職活動もやり直さないといけない。まあ、普通は無事卒業させてくれるものだ、と思いたいが、そう行かない場合もあるでしょう。

慶應の場合、同じ学年は2回しかやれないので、次の年は必ず上がらないといけませんから、下の学年に落ちてさらにそのプレッシャーにも耐えないといけないわけだが、それは自分が原因なのだから、乗り越えるしかない。

だから今の時期が一番暗いわけです。

そういうのを見ているから、他の学生も一応は試験前にはプレッシャーがかかる。だから、一応歯止めがかかる、ということになるわけです。

=============================================================
今日の田中貴.com

熱量の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

付属校のメリット
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


数の性質の問題

2014年普通部の算数の2番です。


$$frac{1}{4}$$を小数で表すと0.25となり、わり切れます。$$frac{1}{3}$$は0.333・・・となり、わり切れません。

偶数の積2×4×6×・・・×20をAとするとき、$$frac{B}{A}$$がわり切れるような最も小さい整数Bを求めなさい。


20までの偶数の積ですから、
6=2×3 12=2×2×3 14=2×7 18=2×3×3となるので、素因数分解したとき3が4個と7が2個あります。それ以外は2と5ですので、分母に残っていても割り切れますが、3と7は残っているとわり切れません。

したがって、これが約分される必要があるのでBは3×3×3×3×7=567になります。

【答え】
567

=============================================================
今日の田中貴.com

合同説明会
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

朝型の勉強が良い理由
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


卒業式

昨日は、慶應義塾大学の卒業式でした。

天気も良かったので、日吉の町はごった返しておりましたが、もうここ十数年、慶應の卒業式は保護者が別会場で動画中継を見ることになっています。

慶應義塾大学の卒業式は、大学すべての学部が同日に行われるので、学部が増えた今日、日吉の記念講堂に入る人数はギリギリ。保護者が入るすきはないわけですが、大学の卒業式に保護者が出席したいと思う気持ちもあるから、そこで慶應義塾としては他会場を用意して動画中継をすることになった。

卒業式のパブリックビューイングですね。

まあ、一応、これで保護者の来場が減るかなあ、と思いきや、そうでもないらしいです。もう最初から保護者は別会場と決まっていても、まあ、出席される方は多い。

実は保護者にとっても子育ての卒業式である、ということだからなんですが。

=============================================================
今日の田中貴.com

平面図形の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

本当に効率が良いのだろうか。
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


考える練習を積む

入試問題は大きく分けて、

1 知識を知っていればできる問題

2 その場で考えて答えを導き出す問題

に分かれます。

国語で言えば、漢字や文学史は1の分類になり、長文読解の問題は2になる、ということなのですが、慶應は以前から1の比重があまり高くはなかったのです。元から基礎ができていればいい、ということだからあまり細かな知識は求められなかったのですが、ここのところそれがさらに明確になってきているように思えます。

逆に言えば、細かな知識がなくとも考える力がなければ解けない問題が増えているということなのです。

しかしながら、これは慶應ばかりの問題ではない。全体的に今はそちらの方向に入試問題の舵が切られている感じがします。細かいことをたくさん覚える必要はない。しかし、小学生として知っている知識をフル動員して、この問題はどう考えるのか、この問題はどう解くのか、というようなことに視点が移ってきている。

ある意味では言えば、最後の一夜漬けが利かない、ということなのです。

長い文章を読み、図やグラフ、表からデータを読み取って、それで解答を導き出す。これは地道に問題を解いていかないといけない。

つまり問答を繰り返すことで、力が付く、ということなのです。なので、早めに過去問に入った方が良い、と私は思います。

今年の問題も収録した過去問がすでに出版されています。最初から何点とらないと、などと力試しをしてはいけません。むしろ1問ずつ切り分けて解いていくのが良いでしょう。その1問、1問をていねいに練習することで考える力が身についていくのです。

少しずつ考える練習を積み重ねていきましょう。

慶應義塾普通部 27年度用―中学過去問シリーズ (10年間スーパー過去問6)

=============================================================
今日の田中貴.com

受験校の主流
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

テストが楽しみになるようにする
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================