慶應中等部 出願数

慶應中等部出願者数が発表されました。

男女とも減少しましたが、特に女子の減少が大きくなっています。
約18%の減少ですが、ただ女子の倍率はまだこれでも7倍あるので、受験生がしっかり受験校を絞り込んでいる、ということだとも言えるでしょう。

一次合格者は
2013年 男子 359名 女子 141名
2012年 男子 357名 女子 128名

ですので、男子は一次合格者350名として、約2.2倍、女子は一次合格者130名として2.8倍の倍率があります。

=============================================================
今日の田中貴.com

持ち物の準備
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

前日の心得
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


逆上がり

何年か前の慶應湘南の二次試験で、逆上がりが出ました。

逆上がり、お子さんはできますか?

今は、体育でどこまでやらせるのか、わかりませんが、やはりできない子はいるだろうと思います。

別に逆上がりができなくても合格していますから、今から練習する必要はありません。ただし、もし実技で出たのなら、一生懸命挑戦だけはしてください。

そりゃあ、つらいだろうとは思うけれど、あきらめてはいけない。

その姿勢だけは貫いてほしい。

最後まで一生懸命やってできないのは仕方がないですから。
=============================================================
今日の田中貴.com

平面図形の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

勇気のある親子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


慶應湘南出願者数

慶應湘南出願者数が発表されました。

今年から二次試験の日程が変更になって、2月4日に他校を受験できないので、やはり応募者は減少したようです。

それでも、昨年の二次合格者数は134名(一般、男女合計)、補欠繰り上げ者を含めた最終入学許可数は165名(一般、男女合計)でしたから、最終入学許可数で割っても、約4倍の倍率があるので決してやさしいとは言えないでしょうが、それでも過去に比べては若干楽になったと言えるでしょう。

帰国は増加しました。慶應3校の中で明確な帰国枠は湘南だけなので、相変わらず人気は高いようです。

=============================================================
今日の田中貴.com

準備期間と入試期間のアンバランスがもたらすもの
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

知っていることだけで解けるはずだ
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


慶應普通部出願数

2014年 普通部の出願数は596名だそうです。

応募倍率は定員約180名に対する競争率は3.3倍になります。

昨年は574名、一昨年は585名ですから、あまり変わらないだろうと思われます。

なお受験者数はここから減少します。

昨年は544名、一昨年は555名でしたから、30名ほど減少すれば今年の受験者数はおよそ560名、競争率はだいたい3倍ということになるでしょう。

=============================================================
今日の田中貴.com

親の次の覚悟
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

残り1週間の過ごし方
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


書類の不備は心配しない

出願が続いていますが、すでにもう郵送してしまうと、後は、受験票が届くのを待つばかり、ということになるわけです。

しかし、それがなかなか届かないと、つい心配してしまう。

「何か書類に不備があったのではないか。」

各校の入試実施要項には、「受験票が届かない場合について」の記載があります。

いつまでに届かなければ問い合わせをしてください、ということになっているし、それまでに何等か、書類で聞きたいことがあれば、各事務から問い合わせがあるでしょう。

だから、「何かあったのでは?」とは心配しなくて結構です。

だいたい、みなさんが一生懸命書かれた願書ですから、そうミスがあるわけもないですし、期日までしっかり待っていてください。

それからでも十分対処できますから。

=============================================================
今日の田中貴.com

第119回 とにかく普通に
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

通しで過去問を解いてみる
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================