副都心線

今日、東武東上線に用事があり、副都心線を使って日吉まで戻ってきました。

小竹向原から、急行、元町中華街行きというのに乗ったわけですが、いやあ、早い。

次が池袋、新宿三丁目、原宿、渋谷、そしてここで乗り換えず、そのまま乗ったまま。東横線内は特急になるので、中目黒、自由ヶ丘、武蔵小杉。

ここで乗り換えると、ホームの向こう側に目黒線の日吉行が来ているので、乗り換えて日吉に到着。

できたときに、ああ、これで志木高と塾高の連絡が良くなるなあ、みたいなことを考えていたのですが、いやいや、来年の受験はこの東横、地下鉄相互乗り入れでまたちょっと変わるかもしれません。

志木高だって神奈川から充分通えます。これならば。

以前、市営地下鉄のグリーンラインができたとき、普通部の倍率は上がりましたが、日吉は遠いよねえ、と思っておられたご家庭も一度乗ってみられるとその早さに驚かされるかもしれません。

まあ、子どもたちは池袋、新宿、渋谷という3大繁華街に定期で降りれるというこれまた、なんと絶好な沿線であるのですが。

=============================================================
今日の田中貴.com

先生が変わる
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

家に帰りたくない子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================


高校受験をしたい

中学受験をして、第一志望ではなかったが私学に進学した子が、たまに高校受験をしたいと相談に来ることがあります。

慶應を高校からもう一度狙う、ということは考えうる方法ではあるので、そういう子には専門の塾に一度行ってみるべきだ、という話をします。もうそろそろお父さん、お母さんがどうする、と決めるよりは本人がこうしたい、ということを考えるべきなので、調べさせる。

私立専門の高校受験の塾の先生を紹介して、話してもらうこともあります。

私立高校を狙う塾の生徒は別に、公立の子どもたちばかりではありません。例えば国立の子どもたちは高校受験の準備をします。

学芸大の付属中学は、高校は学芸大付属高校に一元化されるわけですが、これには内部入試を受けないといけない。しかし定員の関係から全員が進めないから必然、他校も受験しなければいけないわけで、中学受験をして入った子が安心、というわけではありません。

筑波大付属・お茶の水大付属も高校進学のためのセレクションがあるのでやはり準備しておかないといけない。筑波大駒場はセレクションがありません。

だから、これらの子どもたちは国立に通いながら、また塾に行くことになるのです。また私立に通いながらもう一度高校受験をしたい、と考える生徒もいるので、結局いろいろな子どもたちが私立専門の塾に通うことになります。

高校受験の塾は大きく分けて2つあって、地元の公立高校をメインにしている塾と、私立・国立をメインとする塾に分かれます。その両方をコースとして持っている塾もありますが、やはり実績でみると明確に「私立・国立」をメインとしている塾がわかるはずですから、そういう塾を選んで、まずは体験してみることです。

勉強すること自体は悪くはないし、学校生活を続けていく中で、「6年後にしようか」と思う場合もあるでしょう。あるいは「絶対に高校で出る」と気持ちを固める場合もあるかもしれませんが、いずれにしても準備をするために塾に通うのは悪いことではない。

自分で勉強する方法ももちろんありますが、私立・国立の受験内容は公立高校とはだいぶかけ離れているので、今の中学受験と似たようなところがあるから、専門の塾で勉強した方が比較的勉強方法がわかりやすいでしょう。

ただ、クラブもやり、私学の勉強もやり、高校受験の準備もする、というのはなかなか大変です。自分でやる、と決めないとなかなか課題を克服できない。だからあくまで本人が「高校受験をしたい」と思って動き出す方が良いでしょう。

=============================================================
今日の田中貴.com

東京私立中学合同説明会
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

アメリカに行く子
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================


リベンジ

慶應は高校での募集人員が多いので、中学で残念だった場合、3年後を目指す子どもたちが少なくありません。

中学受験で一緒に勉強していた子どもたちが、中学受験の合否でいったん分かれ、高校受験をがんばってきた子どもたちが3年後また高校で一緒になる、ということが良くあります。

中学から入った子と高校から入った子がまとまって、塾に遊びに来ます。しかし、良くしたもので誰が高校から行ったかはすぐわかる。

やはり高校から行った子どもたちはそれなりに3年間分の成長をしています。模擬試験もあっただろうし、進学に関して親や先生との葛藤もあっただろうが、それがやはり子どもたちの成長にプラスになっているのか、中学から行った子どもたちに比べれば明らかにしっかりしているという印象を受けます。

3年間、諸学校でやってきた子どもたちと、例えば英語を帰国子女と戦いながら自分の力を磨いてきた子どもたちではやはりそれは差がある。これは大学でも同じでしょう。それぞれは力があるが、それをしっかり鍛えたかどうか、というのはまた別の話です。

中学受験が終わるとすぐ、高校受験になります。

3年前の子どもたちがいよいよ受験を迎えます。今まで頑張った分、それは本人に大きな力を与えてくれているので、ぜひここまでのがんばりを発揮してほしいと思います。

=============================================================
今日の田中貴.com

平面図形の問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

子離れ
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

私立受験校に行って、高校で慶應を受験したくなったら

ある生徒が、高校受験クラスに入ってきたときのことです。

「あれ、○○中学じゃなかったっけ。」
その子は私が直接教えてわけではないが、中学受験で受験校に合格したはずだったのです。
「はい、そうです。」
「え、高校受験するの?」
「うん、慶應に行きたいです。」
「へえ。」
「どうせ大学受験するんだし。行きたい学校が決まったら、なるべく早く行きたいと思うようになって。」

まあ、こういうお子さんは少なからずいます。せっかく一貫校に入ったのなら、6年間ゆっくり、と思うのが普通なのですが、まあ、何かきっかけがあるのでしょう。高校から受験したい。

ただ、私立から高校受験をするのは、制度的にはちょっと大変です。もとより私立一貫校は自分たちの高校に進学するのが「当たり前」のことなので、すぐに先生に話したりするのは、ちょっと考えものかもしれない。

勉強は始めてもいいし、ムダにはならないと思うのですが、しかし、実際に成績が伸びていかないと、せっかく入った受験校を棒に振ることになるかもしれない。一度、出るといってしまうと、中学から高校へ推薦されなくなってしまうのです。そうなると、戻れなくなります。

まずは慎重にことを進める、ということが大事でしょう

中1や中2でそういう気持ちが出てきたら、それはまず家族でよく話し合うことです。もちろん、これまで高校受験で合格した私立の生徒はたくさんいます。だから不可能なことでは当然ありません。

ただし、この場合は通っている中学の望んでいる方向とは違うので、まずは塾と相談してみることから始めるのが良いでしょう。

もちろん最後までだまって、というわけにはいきません。慶應は中学でもそうですが、学校からの調査書を求めます。したがって、出願の段階では、学校に書類を書いてもらわなければなりません。そこまで決まっていれば、もう双方に腹が決まっているから良いのですが、それを決めるまでは、家族や塾とよく話し合い、考えていくことが大事でしょう。

==============================================================
田中貴.com通信を発刊しています。登録は以下のページからお願いします。
無料です。
田中貴.com通信ページ
==============================================================
今日の田中貴.com

ニュースに興味を持つ
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

通知表のコピー
==============================================================


「映像教材、これでわかる水溶液」(田中貴)


「映像教材、これでわかる電気」(田中貴)


「映像教材、これでわかる力のつりあい」(田中貴)

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)

スケジュール管理

中学受験でも高校受験でも、やはりすべきことを書き出し、優先順位をつけるというやり方はどうしても必要になります。

特に高校受験は、「まめさ」が必要で、まめでない子には手帳なりメモなりを使って、自分の行動の計画を立てさせていかないとうまくいきません。

慶應の高校受験を考えると、明らかに公立高校の受験とは問題のレベルが違うので、その分、塾の勉強が中心になります。学校の勉強で、慶應の問題は解けない。しかし、学校の勉強で公立の問題は全部とはいわないが、解ける問題が多い。だから、その分余分な勉強をしないといけない。だからといって、学校の勉強をないがしろにはできない。当然慶應以外の学校も受けるわけだし、公立の受験も考えるでしょう。

そうなると内申点も考えておかないといけない。これは期末試験の成績だけではとれません。普段からの提出物、授業態度、ということがかかわってくる。宿題を忘れたら減点になるかもしれないし、学校の委員会活動だって大事だ。

忙しいんです。

良くまじめな子には高校受験を勧めるのですが、それはこういうことが器用にできることが必要だからです。

中3の女子に宿題を出そうとしたら、手帳を取り出され、
「先生、その次の日にしてください。」
と言われました。

「はい?」
「今週末は部活の試合があり、月曜日に学校で提出物がひとつあるので、火曜日なら間に合わせられます。」

ちょっとビジネスマン風でしょ?

==============================================================
お知らせ
==============================================================
「中学受験、合格して失敗する子、不合格でも成功する子」e-pub版が無料でダウンロードできます。
DL-Marketへの登録が必要となりますが、お役に立てば幸いです。

ダウンロードサイト
==============================================================
慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部合格情報を発刊しています。
登録は以下のページからお願いします。
無料です。
慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部合格情報
==============================================================
今日の田中貴.com

入試日程
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

成績の波が大きい子
==============================================================

新刊「子どもを慶應義塾諸学校に入れる」(田中貴)