慶應中等部の問題を見て

例年に比べれば受験生が減少した慶應中等部。

問題は例年通りといいながらも、いくつか変わったところが見られました。

国語 記述が出ていましたね。
1問だけですから、それほど大きなインパクトがあるわけではありませんが、ただ記号やことばだけではない、という特徴を出したいということことで、俳句を作れなどの問題がこれまでも出されていましが、今年もそういう面がこの問題にはあったのかもしれません。
国語の文章量はやはり多かったのではないかと思います。

算数は7題。中等部らしくオーソドックスな問題が並んでいました。後半3題、5番、6番、7番のところが差がでてくるところかなと思います。

理科は湘南に続いてLEDの問題が出てきました。ダイオードは単方向しか電気を流さない特性があるので、最近の入試では使われるようになってきました。ただ全体的には簡明な問題が多かったように思います。

社会は4題。中国四国地方の地理、東北地方の地理と歴史、歴史、貿易に関する問題と4題でした。4番の貿易は湘南でも同じテーマの問題が出ていましたね。

理科、社会は簡明だったので、やはり差がついたのは算数かな、という問題でした。

==============================================================
慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部合格情報を発刊しています。
登録は以下のページからお願いします。無料です。
慶應普通部、中等部、湘南藤沢中等部合格情報
==============================================================


6年算数頻出問題精選ノート(田中貴)
6年算数頻出問題精選ノートサンプル

「中学受験、合格して失敗する子、不合格でも成功する子」

理科重要問題ノート
理科重要問題ノートサンプル

慶應中等部倍率

慶應中等部の倍率が公表されたようです。

今年は男子が878名 (昨年は971名)
女子が 434名 (昨年は493名)

男子が約100名、女子が約60名の減少となりました。

今年は男子の一次合格者をどのくらいに絞るか、ということになりますが、昨年並みに450名程度ではないかと思われます。
一次はかなり楽かもしれませんが、油断せずに受験して欲しいと思います。

中学受験、合格して失敗する子、不合格でも成功する子(アンドロイド版)