期末試験の季節

1学期の期末試験の季節です。

午前中に終わって。みんなまっすぐ帰るから電車は学校の近くの駅は、突如として混雑しています。普通部も、みんな一斉に帰って行きました。

これで期末試験が終わると、長い夏休みです。

今年の受験生は、もちろん受験勉強で忙しいでしょうが、来年は一気に時間を持て余すでしょう。まあ、2ヶ月近く休みになるわけだから、部活でもやっていないと間が持たない、ともいえるでしょうけど。

そして、普通部生はこれから労作展の作品を作らなければなりません。

中2、中3ともなると経験があるので、何となくまだのんびりしているでしょうが、中1の保護者は気合が入っているでしょう。

今年が終われば、来年は少なくともそういう夏休みを迎えることができるので、がんばっていきましょう。

============================================================
今日の田中貴.com

第195回 できるようになる経験
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

模擬試験にはメリハリを
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


慶應3校受験は無謀か?

今年から普通部が2月1日、湘南が2月2日と4日、中等部が2月3日と5日、という試験日程になり、男子は3校受験できる代わり、他の学校を受ける機会は非常に少なくなることになりました。

慶應だけ受けてしまうと、他校の入る余地がない。2月1日の午後は普通部の入試が午後まであるので、だめだし、2月2日の午後は湘南が遠いので、間に合うかどうか、わからないし。

ということで一般的に慶應3校受験はなるべく避けるように進学指導がされていると思います。

しかし、そのために、受験倍率は下がってきているわけで、そうなると合格するチャンスは増えるわけです。

だったら受けよう、というの悪い判断では実はないのです。3回も受けられるんなら、チャンスはあるだろうし、3回受けたから合格する、ということもあり得るでしょう。

別に塾の先生が止めたからといって、本人がどうしても受けたいとか。あるいは家族で話し合って3校受けると決めるのは決して悪いことではありません。そのくらい行きたいんだ、という気持ちが込められる分、本人たちもがんばるのではないでしょうか?

============================================================
今日の田中貴.com

確かに上位校の問題は難しいが・・・
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

言う事を聞く子は良い子か?
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


好みの問題

たまに、「ウチの子は慶應に合うでしょうか、それとも早稲田に合うでしょうか?」と聞かれることがあります。

まあ、今は昔のように明確なカラーの違いを感じません。どちらかといえば、慶應が都会的、というような話がありましたが、今はもう充分に早稲田も都会的です。

早稲田実業に小学校ができたから、そういう意味でも変わりはないし。

やはり好みの問題だと思うのです。

確かに慶應に医学部があり、早稲田に建築があり、とか、まあいいますけど。

それも多くの子どもたちにとっては関係のない話。

やっぱり好みの問題でしょう、ね?
============================================================
今日の田中貴.com

水の3態に関する問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

最も合う学校のひとつ
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


受けない学校の過去問ってやる意味あるの?

夏休みに、分厚い過去問の問題集を指定されて「ここからここまでは宿題です」みたいな出され方をすることがあります。

いや、受けないんだけど…。

そうです。受けない学校はやる意味はあまりない。でもやっておいた方がよい、と言われます。それをいうなら何でもやっておいた方がよい、ということになるわけですが、しかし、それでは時間が足りない。

慶應を受けるのなら慶應の問題をしっかりやるのがいいのです。

それに勝る問題はありません。

でも宿題だから…。

そう、その場合は先に先生と相談をしておいた方がよいでしょう。

============================================================
今日の田中貴.com

速さの問題
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

予備日
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================


計算力

計算力は当然、あった方が良いでしょう。だからといって、例えば3桁×2桁の問題が暗算でずぐできる、というような計算力は全く必要はありません。

そろばん塾とか通うと、そういうことができるかもしれませんが、別に筆算ができれば十分なわけで、むしろ大事なのきちんとその場で確かめられる能力です。

よく計算練習というと、一気にたくさんの問題をやる傾向がありますが、そうなると後半になれば正解率が自然、下がります。面倒になってくるからです。

入試でも、出る計算問題はせいぜい2~3題。だから、その3題の集中して、その場でしっかり確認して正解を出せる力がつけば良いのです。

他にやらなければいけないことはたくさんあるわけだから、計算問題の数は減らして良いのです。

ただし、「絶対に間違えない」練習をしてください。

============================================================
今日の田中貴.com

PISA型入試へ
==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

電車で本を読む人がいなくなった?
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

==============================================================

==============================================================